少子化対策

 2012(平成24)年に成立した子ども・子育て関連3法1に基づき「子ども・子育て支援新制度」が、2015年4月1日から施行されました。

 ニッポン一億総活躍プラン

「成長と分配の好循環メカニズム」 と 

「『希望出生率1.8』の実現に向けた対応策 」

 「希望出生率1.8」の実現に向けた対応策 

 結婚支援の充実に関しては、内閣府特命担当大臣(少子化対策)の下で「結婚の希望を叶える環境整備に向けた企業・団体等の取組に関する検討会」を開催し、地方公共団体と連携した企業・団体・大学等の取組について議論が行われました。
 環境整備に当たっては、両立支援や多様な交流の機会の提供、結婚につながる活動に対する支援などの企業等における自主的な取組例や、働き方改革子育て支援の推進、地方公共団体と連携した自主的取組に対する支援などの国・地方公共団体の支援の在り方とともに、特定の価値観や生き方を押し付けたり推奨したりしないことなど取り組むに当たっての留意点等が示されました。